セブ島だけではない!フィリピンの魅力的な海6選

1年中温暖な気候であるフィリピンは、美しい海と砂浜で常に人々を魅了し、日本からも4時間半程で気軽に行けることで、注目を集め続けています。そんなフィリピンは7,000以上もの群島で形成されている国で、日本人に有名なセブ島以外にも人気な離島はたくさんあります。例えば、世界で一番美しい島に選ばれた「パラワン島」、アジアのベストビーチ2年連続1位になった「ボラカイ島」など、数々の世界を代表するリゾートビーチがなど・・。今回は、そのたくさんの島の中から、厳選した魅力的なビーチをご紹介します。

1. ボラカイ島

世界のベストビーチ2014、2015と、2年連続で選ばれた事から、耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。首都マニラから南へ200km、ビサヤ諸島の西端にあるパナイ島の最北端から2km沖のところにあります。

島一番の魅力は、アジアナンバーワンを誇るホワイトビーチ!島の西側に広がる約4kmのホワイトビーチは、サラサラで真っ白です。透明度の高い海ももちろん魅力的ですが、一度は見るべきと言えるホワイトビーチ。

『トラベラーズチョイス世界のベストビーチ2014』では、アジア1位に2年連続でフィリピン・ボラカイ島の「ホワイトビーチ」が選ばれ、2012年にアメリカの旅行雑誌『トラベル+レジャー』で、世界最高の島と評価されました。

2.パラワン島

パラワン島、エルニド。首都マニラから飛行機で1時間の距離にある細長い島で、とっても人気のある離島です。その理由は、アメリカのコンデナスト社が出版する旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』で、”世界で一番美しい島”に選ばれました。

”フィリピン最後の秘境”とも称される「エルニド」には、自然が手つかずでそのままの姿で残っています。透明度の高い海には、巨大なサンゴ礁や世界のトップレベル種類が生息するカラフルな熱帯魚だけでなく、マンタやジュゴン、イルカ、クジラに遭遇することも。ノーザン・パラワンの海は、一年中安定した気候に恵まれた理想的な環境という事もあり、世界中のダイバーに大人気の島。

3.コロン島

最後の楽園とも言われている「コロン島」。前述のパラワン州に属しており、マニラから比較的近いこともあり、エメラルドグリーンの海がある大人気の島です。

太平洋戦争中に沈んだ沈没船(レック)が多数あるそう。そのため、近海はダイビングスポットとしても有名で、世界中からダイバーが訪れています。

フィリピン最後の楽園とも言われているコロンは、パラワン州に属しています。

現地へのアクセスは、ブスアンガ島にあるブスアンガ空港へのフライトで、マニラからの所要時間は、1時間程度。

4.ボホール島

セブ島の南に位置し、セブ島から船で2時間の距離に位置しているボホール島。こちらもフィリピン有数のダイビングスポットで、セブ島から近いこともあり、語学留学生も多いです。

島内にある「チョコレートヒルズ」はこの島最大の見所で、円錐形の小さな山々が連な理、季節によってはまるでチョコレートの様な色合いに見える、神秘的で美しい山。その昔、2人の巨人が争ったため凸凹ができたという伝説もあります。ワンピースの世界みたいですね!

世界一小さい猿、映画『グレムリン』のギズモ、『スター・ウオーズ』のヨーダのモデルになったという「ターシャ」を見学することもできるのも魅力です。大きな目がかわいく、「ターシャ」は珍しいため、海外からたくさんの旅行者が見学に訪れています。ボホール=ターシャというぬいぐるみがお土産グッズで大人気。

5.パンダノン島

青い海とホワイトサンドの綺麗なビーチが広がり、、天国に一番近い島として有名で美しい島「パンダノン島」。セブ島から船で1時間程度で行けるため、セブ島から遊びに来る観光客も多いです。

「パンダノン島」の魅力はエメラルドグリーンの透き通った海や遠浅のサンドバー、真っ白なビーチで非日常的で最高に贅沢な時間を過ごせること。

セブ島の周りはサンゴ礁が環状に取り囲んだ「オランゴ環礁」と呼ばれるエリアがありますが、パンダノン島はこのオランゴ環礁から離れた場所にあるため、特に海が綺麗で透明度も高い事が特徴。どこまでも続く真っ白な砂浜と美しい海。

これこそ南国の島!というような島で、魚と珊瑚の保護区でのシュノーケリングなどアクティビティも充実しているため、かなり楽しめる島です。

6.カランガマン島

そして最後は1番のオススメ、ニタリ(尻尾の長いサメ)で有名な島、『マラパスクア島』から南に約2時間の距離にある『カランガマン島』。7,500以上の島々からなるフィリピンの中でも、地元の人からの圧倒的に人気な島!

ボラカイよりも美しい、という人も。実はダイビングとしては人気スポットですが、ダイバーにしか知られていないといっても過言ではありません。

予算は個人でバスと定期船に乗って行く場合は概ね、セブシティから最北端の港まで行き、船に乗って向かいます。セブシティからカランガマン島までノンストップで行くとして約8時間、日数は3日間は最低必要かと思います。

島はとても小さく、1周1時間もかからない程で周れる小さな無人島。カランガマン島には電気も水道も有りませんが、観光客が安心できる施設がいっぱいあります。無人島なのに治安が良いってなんだか不思議・・。

カランガマン(Kalanggaman)とはビサヤ地方の方言で「鳥(Langgam)」を意味し、上空から眺めた島のかたちが翼を広げた鳥の姿に似ていたことからこの名がついたと言われています。また渡り鳥の休息地でもあるこの島では、今では人の出入りが多いため以前ほど数は多くないものの、鳥たちの姿を多く見かけることができます。どこまでも伸びるホワイトサンドバー、それを囲むブルーラグーン。

カランガマン島へ辿り着くには多少の労力が伴いますが、それに代えても天国のようなホワイトサンドバーと優雅な島時間に癒されること間違いありません。

素晴らしい景色やきれいなビーチはこの6つの島だけではないので、フィリピンに来た時は、ぜひ少しずつ探検して、自分好みの島を見つけてみては?

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *