【セブ島】在住者が教える!フィリピン初心者にオススメの島

Cebu

南の国、フィリピン 熱帯モンスーン気候で、年間平均気温は26℃~27℃と1年中温暖。12月~5月が乾季、6月~11月が雨季シーズンです。降水量が少なく、海も穏やかな乾季が観光におすすめです。 青空と太陽、輝くビーチと思い切りリゾート雰囲気を楽しめる3月~5月がベストシーズン! 日本からセブ島へは「セブ・マクタン国際空港」まで直行便で成田空港から約4時間半。日本との時差は1時間です。 セブ島の治安 世界有数のリゾート地でもあるセブ島の治安は、フィリピンの中では安全な区域です。リゾートホテルの集中している、空港もあるマクタン島は観光客が多く安心できますが、ビジネスホテルやモールなどの多いセブ島・セブシティなどでは1人での夜の外出は避けるなど、ある程度の注意が必要です。 また、セブには電車やバスがないため、移動はタクシーが安全です通常のタクシーですとメーターを付けてくれなかったり、言葉が通じないと危ない事もある為、配車アプリの「Grab」の使用がオススメ。日本でアプリをダウンロードして行って下さいね。 ネット環境 セブ島には無料のWiFiスポットも多くあり、気軽にインターネット接続が可能です。リゾートホテル、ショッピングモールやレストラン、スターバックスなどのカフェにはWifiが飛んでいる事がほとんどです。より速い、安定した通信環境が欲しい方は、日本国内でWiFiルーターをレンタルしていくか、セブの空港などでルーターをプリペイドカード式で購入する事をオススメします。 セブ島で訪れるべき島 フィリピンは7千以上の島があり、セブ島から行ける島もたくさんあります。 セブに旅行をしたらぜひ訪れて欲しい、オススメの島を2つご紹介します。 パンダノン島 フィリピンセブ島の近海にあり、天国に一番近い島として有名で美しい島「パンダノン島」。 セブ島に観光に来た人なら一度は訪れるべきと言っても過言ではない島です。…

フィリピンの気温はずっと暑いのか?避暑地のバギオとタガイタイとは?

Philippines

フィリピンは7,100以上の大小の島から構成されている、赤道よりやや北に位置する亜熱帯の国。年中暖かい気候のため、日本のように春夏秋冬という四季がありません。 季節はずっと夏ですが、その中でも乾季と雨季に分かれています。 年中夏で暑いのか?気温は一緒?と四季のある日本人なら思ってしまいますが、実は1年を通して住んでみると意外と気温差が。 そしてフィリピンの中にも日本でいう軽井沢のような避暑地もあり、そこは長袖が必要なほど、涼しかったりします。 そんな避暑地や気温差をフィリピン初心者の方に解説いたします! フィリピンの乾季と雨季の違い フィリピンの首都マニラの年間平均気温は27.9℃、年間平均最高気温は31.2℃。最も低い平均最低気温でも18.5℃とかなり温暖であることがわかります。 熱帯性気候。年間を通じて暖かく、年平均気温は26~27℃。 6~11月が雨期、12~5月が乾期と一応分かれていますが、地域によってかなり差もあり、日本から見ればやっぱり”南国”。 乾季(11月〜5月)乾燥した日が続き、年間を通じて気温も高めです。 数字に表すと30℃を少し超える程度。その中でも特に11月〜2月は『クールドライ』といって湿度も低く、気温もそんなに高くないのでフィリピンでは一番過ごしやすい時期です。 逆に3月〜5月は『ホットドライ』といい、1年で最も暑い時期!晴天が続き、日本の夏の様な天気が多くなります。 この時期はビーチで過ごしたり、マリンスポーツをするのに絶好の時期。 雨季6月〜10月:日本の梅雨とは時期も異なり、期間もちょっと長めです。 また、じと~っとしたジメジメ感が続くことはありません。…

マクタン島|気軽に美しい島々にデイ・トリップ出来る場所。

Cebu

フィリピンは7,100を超える島で構成されており、実は世界で2番目に大きな群島。 北は首都マニラのあるルソン島・南はセブ島のあるビサヤ諸島、そしてその下・更に南にあるミンダナオ島という、3つの主要な地理的領域に分かれています。  世界で見てもOFW(Overseas Filipino Worker)と呼ばれる海外に出稼ぎへ行く人口が多く、それは全て家族に仕送りをする為なのです。 家族や親戚の仲がとてもよくて家族愛に満ち、スペイン領域であった事からラテン系の気質の人々。1年間温暖な気候で、トロピカルで有名な国! そんな南国・フィリピンでセブ島といえば、日本の旅行先として人気ランキング10位以内の常連です。 けれど実際セブ島に行くとき、飛行機が降り立つ島は『セブ島』ではなく『マクタン島』という事をご存知でしたか? セブのマクタン島とは? 日本人にとってフィリピンの中で1番有名と言っても過言ではない、セブ。 日本との時差は1時間で、日本からセブ島へは「セブ・マクタン国際空港」まで直行便で成田空港から約4時間半。 そう、そしてセブ島に行って飛行機から降り立つ空港は名前からも分かる通り、『マクタン島』なのです。 セブ島をイメージするとまず出てくるビーチや、ダイビングショップやホテルの多くが存在しています。 セブシティなどがある『セブ島』とは橋で繋がっており、車等で行き来する事ができます。 熱帯モンスーン気候で、年間平均気温は26℃~27℃と1年中温暖の為、日本で寒い時に気軽に遊びに来れて、フライト代も高くなく、なおかつ現地の物価も安い。…

x
No Deposit Bonus