日本人の口に合う!在住者オススメのフィリピン料理とは

フィリピン料理のレストランはあまり日本にはない為、食べた事ない人も多いでしょう。

けれどフィリピンの主食は米、そして鳥や牛、豚、魚など食材として使った料理が多いんです。

味付けも塩胡椒、醤油やケチャップ、オイスターソース、魚醤(ナンプラー)など、日本でもよく使われるものがフィリピン料理でも使われている為、実は日本人の舌に合いやすい料理が多いんです。

南国の料理はタイなどの様に辛いものが多いというイメージですが、スペイン統治時代の影響が強いフィリピンの料理に、辛いものはほとんどありません。

また、中華料理に多く影響を受けている料理も多く、そこも日本人の口に合う理由ではないでしょうか。

日本ではあまりメジャーではない為、名前も材料も分からないとチャレンジしにくいと思いますが、きっと好みの味があるはず。

以下に在住者オススメのフィリピン料理をご紹介致します。

ティノーラ(Tinola)|フィリピン料理おすすめ①

Filipino Food

青パパイヤと鶏肉のスープで、家庭でよく作られる料理です。香りづけは生姜やニンニク、野菜がたっぷり入るのでヘルシー。

生姜のスープなので、日本人の口にとっても合います。体調が悪い時なども食べたくなる一品。

鶏肉をお肉がほろほろになるまでじっくり煮込み、味付けは、しょうが、魚醤(ナンプラー)とあっさりですが、鶏肉から良い出汁が出て味わい深くなるティノーラ。

日本にはない青いパパイヤや、唐辛子の葉を入れます。

フィリピン人はライスにかけながら食べるので、その様に食べてみるのもオススメ。

フィリピンは野菜料理が少なめなので、野菜がたっぷり食べたい時はぜひティノーラを!

キニラウ(Kinilaw) |フィリピン料理おすすめ②

Filipino Food

フィリピンスタイルの酢の物で、主にサイコロ状に切った魚(刺身)と瓜類等の野菜を酢で和えたものです。

マグロのカルパッチョの様なイメージで、さっぱりしていてとても食べやすい味付け。

ゴルフの後など、汗をかいててサッパリしたい時などにオススメ!

肉を使用したものもありますが、多くはマグロやアジなどの魚が使用されます。

魚が入っているものの、いわゆる酢のものなので日本人にとっては馴染みのある味です。

シシグ(Sisig)||フィリピン料理おすすめ③

Filipino Food

細かく刻んだ豚肉をしょう油、ビネガー、にんにく、唐辛子で炒めた鉄板料理。しっかりした味付けで、まさにビールのつまみにもってこいな料理です!

ポーク・シシグと行って、豚肉のほほ肉を使うのが一般的。おつまみとしても、ご飯と一緒に定食メニューとしても美味しくいただけます。

少し脂っぽい料理なので、カラマンシーというフィリピンにあるカボスの様な柑橘系フルーツを絞ると、少しサッパリして食べやすくなります。

大体のレストランがカラマンシーを出してくれますので、ぜひ聞いて見てくださいね。

アドボ(Adobo)|フィリピン料理おすすめ④

Filipino Food

日本人の最初の印象はきっと、”豚の角煮”。豚バラ肉と卵やじゃがいもを醤油や砂糖、お酢などでマリネし煮込んだ料理です。

日本人が最初に食べてみるフィリピン料理としてもオススメな一品。

アドボとは、スペイン語で「漬け込む」という意味をもちます。

フィリピンでは家庭でもよく食べられ、家庭ごとにレシピが異なるといわれるほど、ポピュラーな料理です。

味が染み込んだ肉は、酢の効果で柔らかくなっていて、ホロホロ&ジューシー、柔らかい食感と酢が適度な酸味が効いていてクセになります。

豚肉ではなく鶏肉を使う事も。

ビコールエクスプレス(Bicol Express)|フィリピン料理おすすめ⑤

Filipino Food

中々長くて、覚えにくい名前のこちらの料理。ルソン島南部にあるビコール地方の名物料理です。

料理名は、かつてマニラとビコール地方のレガスピという市を結んでいた、長距離列車ビコール・エクスプレスから取っています。

豚肉をココナッツミルクで煮込んだ南国らしい料理なのですが、フィリピンでは珍しく辛いんです!

青唐辛子がたっぷり。ココナッツミルクでマイルドな味わいながら、青唐辛子の辛みが効いています。

もし辛いのが苦手な方は「マイルド」とオーダーして下さいね。

レチョンカワリ(Lechon Kawali)|フィリピン料理おすすめ⑥

Filipino Food

フィリピンの伝統的料理としてお祭りに欠かせないのが、”レチョン”と呼ばれる豚の丸焼きです。

じっくりローストした豚肉は、皮がパリパリで中身はジューシー!レチョンを作るには少々時間がかかりますが、もう少し簡単にできるのがレチョン・カワリ。

カワリとは揚げるという意味で、まさに豚肉を揚げたもの。

皮はパリパリ、噛むと肉汁がじゅわーっと染み出してきます。脂っこい料理なのでお酢のソースに付けたりして、ビールのおつまみに食べてみて下さい。

トルタン・タロン(Tortang talong)|フィリピン料理おすすめ⑦

Filipino Food

ポップな料理名ながら、見た目は最初、なんだこれは?!と思わせるこちらは、フィリピン風ナスのオムレツ。

ナスをグリルしたら熱いうちに皮をむき、平らにつぶして溶き卵と一緒に焼きます。

よく見ると上にナスのヘタが付いているので、分かるはず。

外はカリっとした卵焼き、そして中はトロけるナスという料理です。

フィリピン料理の店ではよく見かけるメニューですが、卵と一緒にタマネギやパプリカ、ひき肉などを入れるレシピもあり、店によって見た目も味も異なります。

地元の人はケチャップに付けて食べる人も多いですが、チリソースに付けてみるのも美味しいのでお試しあれ。

トロン(Turon)|フィリピン料理おすすめ⑧

Filipino Food

最後はフィリピンの伝統的デザート、バナナを春巻きの皮で巻いて揚げた庶民派スイーツです。

ストリートフードとしても有名で、道にある屋台で購入できます。

学生のおやつとしても人気のこちらのデザート。カリッとした皮の食感や、中のバナナのとろっと甘酸っぱい味は絶品です!

1つ30-70円程度で購入することが出来るため小腹が空いた時にもオススメ。バナナ好きはハマる事間違いなし!

いかがでしたでしょうか。

美味しそうなフィリピン料理はまだまだたくさんあります!

最近では伝統的なフィリピン料理をモダンにアレンジするレストランも増えており、進化中のこれからが注目の料理。ぜひ試して見て、お気に入りを見つけて下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *