日本人の口に合う!在住者オススメのフィリピン料理とは

tinola

フィリピン料理のレストランはあまり日本にはない為、食べた事ない人も多いでしょう。 けれどフィリピンの主食は米、そして鳥や牛、豚、魚など食材として使った料理が多いんです。 味付けも塩胡椒、醤油やケチャップ、オイスターソース、魚醤(ナンプラー)など、日本でもよく使われるものがフィリピン料理でも使われている為、実は日本人の舌に合いやすい料理が多いんです。 南国の料理はタイなどの様に辛いものが多いというイメージですが、スペイン統治時代の影響が強いフィリピンの料理に、辛いものはほとんどありません。 また、中華料理に多く影響を受けている料理も多く、そこも日本人の口に合う理由ではないでしょうか。 日本ではあまりメジャーではない為、名前も材料も分からないとチャレンジしにくいと思いますが、きっと好みの味があるはず。 以下に在住者オススメのフィリピン料理をご紹介致します。 ティノーラ(Tinola)|フィリピン料理おすすめ① 青パパイヤと鶏肉のスープで、家庭でよく作られる料理です。香りづけは生姜やニンニク、野菜がたっぷり入るのでヘルシー。 生姜のスープなので、日本人の口にとっても合います。体調が悪い時なども食べたくなる一品。 鶏肉をお肉がほろほろになるまでじっくり煮込み、味付けは、しょうが、魚醤(ナンプラー)とあっさりですが、鶏肉から良い出汁が出て味わい深くなるティノーラ。 日本にはない青いパパイヤや、唐辛子の葉を入れます。 フィリピン人はライスにかけながら食べるので、その様に食べてみるのもオススメ。 フィリピンは野菜料理が少なめなので、野菜がたっぷり食べたい時はぜひティノーラを! キニラウ(Kinilaw)…